すぐに取り入れられる仕事効率アップ術

あなたの仕事の効率を上げる方法を提供するサイト

メールの処理

66%の会社員は自分が仕事の効率を上げられていると思っている。
だがそれらを実践するのは意外と難しい。まず仕事の効率化についての取り組みを考えてみよう。

仕事の効率化につながる取り組みは「業務指示の明確化」と「情報共有」いわゆる「ほうれんそう」の2つである。
まず情報共有=ほうれんそうについて考えてみよう。今若い人やそうでない人でも「ほうれんそう」できない人が増えて来ている。また若い人は「ほうれんそう」を知らない人も多い。
まず「ほうれんそう」というのは、

ほう=「報告」
れん=「連絡」
そう=「相談」

この3つの作業をするにあたって肝心なのが、1つ目の「業務指示の明確化」である。「ほうれんそう」をしても指示や情報が明確でないだけでロスは大分大きいものとなる。
また、仕事をするに当たって「業務指示を明確にし、ほうれんそうをする」という気持ちだけでは仕事の効率化は上げられない。
それら2つを当たり前にそれより上を目指すという気持ちを持つ事が常用である。

だが仕事の効率化を上げられない大きな問題が「会社の体質」である。社員の半分が「会社の体質」に不満を持っている。
だが、「体質」というのは自身でコントロールできない。
「会社の体質」を変えるためには上司の考え方が大切である。
お金稼ぐ事が大切だと考えるのではなく、お金を作り出すのは社員である。社員が仕事をしやすく楽しく過ごせる会社を作りだすために掛かる費用は安いと考えなければならない。
なぜなら、「会社の体質」も完全され、楽しく仕事しつつ効率化を上げられ、また利益も増えるとしたら「会社の体質改善」に使用した経費は安いであろう。

TOPへ戻る