あなたの仕事の効率を上げる方法を提供するサイト

>

シンプルに仕事を考える

効率を上げるシンプルな考えた方

仕事をシンプルにする上でまず簡単にできる事がディスクの整頓である。ディスク周りは物で溢れている。
だが溢れている状態でもよく使う物は取りやすい場所に置き使わない物でも取りやすい状態にする事など、自分が仕事をしやすい状態に整理整頓しておく事で仕事の効率化が上がり次の仕事にも素早く取り掛かる事ができる。

次に肝心なのが、仕事をする上での自分自信との向き合い方である。
仕事の効率化が悪い人は自分一人で仕事に向き合っている場合が多い。だが会社にいる限り他の社員は全員チームだと考えると考え方は変わる。
自分にしかこの仕事はできないと思うと自分仕事のキャパオーバーになってしまう。
自分に余裕を持って仕事をするためには周囲の力を借りる事は大切だ。社内で信頼関係を気づく事で一人一人が余裕を持って仕事ができ、それらが仕事の効率化につながる。

思い込みをしない

悪い思い込みは仕事の効率を悪くする事に大きくつながる。
例えば忙しい時にやりたく無い仕事を2つ今日中に終わらせなくてはならい。
そこで無理だとか徹夜だと考えると仕事の効率は下がってしまう。
だが、やりたくない仕事があるがなんとかなる。
楽しみながらやる方法をみつけだす。
など悪い方向に考えるのではなく、楽しい方向に考える事が大切だ。

次に大切なのが「忙しい」という言葉を使わない事だ。
何かにつけて忙しいとつける社会は駄目だ。
皆変わらず忙しい中なぜ忙しいというマイナスな言葉を口にしなくてはならない。
忙しいのは当たり前なのだからそれを踏まえて仕事を楽しみ効率化を上げる事がポイントだ。
また忙しいと口にだす事で忙しいとう事が重くのしかかる。
忙しくてもラフに仕事をするためにマイナスな言葉を口にはしないべきである。


この記事をシェアする
TOPへ戻る